「世界を変えるテクノロジー」と言われるブロックチェーン。データが改ざんできないことによるセキュリティの担保、またダウンタイムゼロという特長から、その応用領域は幅広く多大な可能性を秘めています。流通業におけるトレーサビリティ、製造業における検査・検証データ、公共事業における登記、試験履歴、医療分野における治験データ等、改ざんが許されないデータはあらゆる場面に存在しているのです。

アララは、この画期的な技術が様々なシステムへ導入され、社会インフラ化していくことを確信し、どこよりも早くサービスへの導入を進め、数多くのブロックチェーンサービスを構築するテックカンパニーを目指します。

なお、本プロジェクトを進めるにあたり、2016年4月にブロックチェーンの健全な発展と普及を目的としたブロックチェーン推進協会に発起メンバーとして加盟。また、ブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービス展開を行うテックビューロ株式会社と業務提携をしております。

ブロックチェーンとは

「ブロックチェーン」とは、サーバに処理を一任せず参加者同士で役割を分担する通信方式(=P2P)を用いたデータ処理の基盤技術です。点在するコンピュータが分散して合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数のデータを処理するのが特徴で、ビットコインの中核技術として発明されました。
ブロックチェーンの技術は、その構造上、従来の集中管理型システムに比べ、「改ざんが困難」であり、「ダウンタイムゼロ」なシステムを「安価」に構築できるという可能性を持つことから、金融機関をはじめIOTを含む幅広い分野での応用が期待されています。

NOW

第三者機関が取引履歴を管理し、信頼性を担保

FUTURE

全ての取引履歴を皆で共有し、信頼性を担保

ブロックチェーンで実現可能なこと

ダウンタイムゼロ

システムが止まらない環境

安全性の担保

改ざんができない

コストダウンに寄与

サーバ不要

アララは、今後、様々な分野での利活用が期待されるブロックチェーンの技術に着目し、パートナー企業のシステムを活用した実サービスへの組込み支援をおこなってまいります。

勘定系システムの

ブロックチェーン化

電子マネー、ポイントシステムのブロックチェーン化

低コストでゼロダウンタイムのプライベート電子マネーシステムの構築※2016年10月に電子マネーへの有用性に関して実証実験を実施

インターバンク取引システムや金融機関におけるブロックチェーン化開発等

既存事業以外でもブロックチェーンの技術活用支援を実施予定

仮想通貨

トークンエコノミー ビジネス

ARプラットフォームのコンテンツ管理の
ブロックチェーン化

数量を特定し、トークン化したARキャラクターの取引システム

自社仮想通貨(企業トークン)の発行

アララ社内で使える「arara coin」の開発・発行。他社展開も予定

スマートコントラクト系

システム

公式QRコードリーダーアプリ「Q」を活用したトラッキングのブロックチェーン化

製造元から消費者へ商品が渡る流通経路における活用

個人情報検出ソフト「P-Pointer」の
ブロックチェーン対応

個人情報にアクセスできる人を管理

PRESS

プレスリリース

さくらインターネット、テックビューロ、アララが大規模な電子マネー 勘定システムへの実用を前提としたブロックチェーン適用実験に成功

2016/12/20

アララ、ブロックチェーン技術の電子マネーへの有用性を実証 世界最高水準のパフォーマンスに向けて開発を加速

2016/10/11

【実証実験レポート】ブロックチェーン技術の電子マネーへの有用性について

2016/10/11

Proof of Effectiveness for e-money Transactions by arara Using Blockchain Technology

2016/10/15

【Demonstration Experiment Report】arara mijin project

2016/10/15

アララ、ブロックチェーン技術を有するテックビューロと資本・業務提携~次世代の電子マネーサービスの構築を目指す~

2016/04/28

アララ、地域マネーへの展開を見据え、ブロックチェーンの研究開発促進を行う「ブロックチェーン推進協会」に発起メンバーとして加入

2016/04/25